03-6809-6064
close menu

Home > 機能一覧

機能一覧:基本機能編

予約配信機能アイコン予約配信機能

任意の日時を指定した<配信予約機能>

  • 20分後の時刻から、10分刻みで配信時刻を指定頂けます。
  • 各メッセージごとに、任意のプッシュ配信日時を選択形式で簡単に設定頂けます。
  • 未来の日時であれば制限は特にありません。まとめて登録しておけば、計画的なプッシュ配信が可能に。
予約配信機能
画像クリックで拡大

即時配信アイコン即時配信

<予約なしでプッシュ通知>を送る機能

  • 緊急のお知らせをしたい時など、即時性を求められる状況でご活用頂けます。
  • サーバがダウンしてしまった時や、タイムセール開始を一斉に配信したい時等にお使い頂けます。
  • ユーザーに直接コミュニケーションが取れるプッシュ通知の特性を、最大限に活かせる機能の一つです。
即時配信
画像クリックで拡大

基本セグメントアイコン基本セグメント

<ユーザーを絞り込んだ>プッシュ配信を送る機能

  • アクティブ度(期間)・OS・機種・キャリア・アプリバージョンで絞り込みが可能です。
  • 各種データはSDKを通して、 Appvisorサーバに登録・管理されます。
  • アプリの毎起動時にデータが更新されるため、常に最新のユーザー情報を基にセグメント配信が可能です。
基本セグメント
画像クリックで拡大

起動数推移起動数推移

直近2週間のアプリの<起動数推移を確認>

  • プッシュがアプリ全体の起動数にどの程度影響したか、グラフィカルに把握頂くことが可能です。
  • 「通知を目にして時間を置いてから、アイコンから直接起動した」ユーザーの把握が出来ます。
  • 日別はもちろん時間帯別の起動数推移もご覧頂けます。
起動数推移
画像クリックで拡大

ユーザーリスト/CSVダウンロードアイコンユーザーリスト/CSVダウンロード

<ユーザー一覧>を属性情報と共に確認

  • 各ユーザーの属性情報が全て網羅されたユーザー一覧画面です。
  • CSVをダウンロードして配信対象として設定できるので、手動で絞り込んだユーザーに通知が送れます。
  • 基本セグメント情報はもちろん、初回起動日時や最終起動日時、累計の起動数もご確認頂けます。
ユーザーリスト
画像クリックで拡大

効果測定アイコン効果測定(反応率)

配信したプッシュ通知から、<何人がアプリを起動したか>の確認

  • 反応率の高い配信タイミング・メッセージを発見頂き、アクティブ率の向上にお役立てください。
  • 「反応率(配信対象ユーザーのうち何名がアプリを起動したか)」を各プッシュごとにご確認頂けます。
  • どの条件のユーザーにどのようなメッセージをいつ送ると反応率が高いか検証することが出来ます。
効果測定
画像クリックで拡大

URLスキームアイコンURLスキーム

プッシュから<アプリを起動した際の遷移先をURLスキーム形式で指定>

  • アプリ内の特定ページはもちろん、webページに飛ばすことも可能です。
  • 通常は配信されたプッシュをタップすると、アプリが起動してトップ画面に遷移します。
  • リッチで印象的なユーザー体験を提供することが可能になります。
URLスキーム
画像クリックで拡大

任意セグメントアイコン任意セグメント

<アプリ側で取得している属性情報>などを用いて、ユーザーを絞り込み

  • アプリ毎に完全オリジナルな属性項目でセグメント配信が可能になります。
  • 例えば性別や会員ID、ニックネームやアプリ内の課金情報等が想定されます。
  • メルマガのようなセグメント別のコミュニケーション、個別のユーザーサポートにも最適です。
任意セグメント
画像クリックで拡大

パラメータアイコンパラメータ

プッシュからの起動時に、<メッセージ以外の値をアプリに渡す>

  • パラメータは最大4つまで渡すことができます。
  • 予め役割を設定頂くことで、プッシュをトリガーにした挙動制御やデータの受け渡しが可能です。
  • (例)ゲームアプリ...スペシャルアイテムをプレゼントしたりすることができます。
パラメータ
画像クリックで拡大

配信リストCSVアップロードアイコン配信リストCSVアップロード

<独自でセグメントしたユーザーへ>配信

  • 独自でセグメントしたユーザーへプッシュ配信することが可能です。
  • Appvisor push SDKが発行するUUIDとお客様側システムのデータを参照できている場合に可能です。
  • 配信したいセグメントにて抽出したCSVを管理画面からアップロードしてください。
配信リストCSVアップロード
画像クリックで拡大

ABテストアイコンABテスト

どちらがより<効果の高い成果を出せるのかを検証>

  • 簡単にどちらがより効果の高い成果を出せるのかを検証することが可能です。
  • プッシュ通知の内容を変えて配信することで、その結果を分析、比較できます。
  • 分析から、反応率の高いメッセージを作成することに役立ちます。

API連携アイコンAPI連携

APIを利用して管理画面にログインせず、PUSH配信や情報を取得する

  • 管理画面にログインせず、PUSH配信登録を行えます。
  • 配信登録以外にも配信結果の取得なども行えるため、御社の開発画面にPUSH関連機能を埋め込めます。

絵文字機能アイコン絵文字機能

配信タイトルや本文に絵文字を設定する

  • 管理画面から絵文字を選択し、配信が可能です。
  • 絵文字入りのプッシュ通知は目を引きやすく、開封率向上に効果があります。

機能一覧:オプション機能編

分散配信アイコン分散配信

自動的に<時間をずらしながら配信>

  • 大量のプッシュ通知を送信する際に一度に配信するとサーバーの負荷が大きくなります。
  • Appvisor Pushでは自動的に時間をずらしながら配信することができます。

SDKなしのプッシュ配信アイコンSDKなしのプッシュ配信

<SDKなし>でPush配信をする

  • アプリでプッシュ通知のデバイストークンを取得し、それをサーバーに保存できる場合に使用することができます。
  • デバイストークンをAppvisor pushにインポートすることでプッシュ配信が可能となります。

リッチプッシュ配信機能アイコンリッチプッシュ配信機能

プッシュ配信時に<画像や動画を表示>できます

高速配信アイコン高速配信

高速配信プランにお申し込み頂き<更に安定・高速な配信環境を>

  • 高速配信プランをお申し込み頂いたお客様には、専用のサーバ環境をご用意致します。
  • 通常プランでも、配信速度は1〜10万通/分と高速ですが、高速配信プランでは、それ以上の配信スピードが期待できます。
  • プッシュ通知にかなりの即時性を求められる場合は、是非お問い合わせください。

承認権限付与アイコン承認権限付与

<承認権限を持つアカウント>が配信する

  • プッシュ配信を行う際に、サービス責任者などの承認が必要なケースに有効な機能です。
  • 承認権限を持つアカウントにて承認するまで配信は行われません。

IPアドレス制限アイコンIPアドレス制限

接続、API実行出来る<接続元IPに制限を>かける

  • 管理画面に接続したり、配信登録APIを実行出来る接続元IPに制限をかける事が出来ます。
  • よりセキュアな要件にも対応可能です。

中国PUSHアイコン中国へPUSH配信

専用のSDKを利用して中国にもPUSH配信を行う

  • 中国配信用のSDKを提供し、Android端末に組み込んで頂き、配信を行います。
  • セグメント配信も可能です。