アプバイザー プッシュ

基本機能|Appvisor push(アップバイザープッシュ)

Home>ベーシック機能

アップバイザープッシュの機能:ベーシック編

任意の日時を指定頂いて配信予約を行うことが可能です。20分後の時刻から、10分刻みで配信時刻を指定頂けます。

各メッセージごとに、任意のプッシュ配信日時を選択形式で簡単に設定頂けます。 未来の日時であれば日時の制限は特にございませんので、定期的なプッシュ配信を行いたい場合も、予めまとめて登録しておいて頂けば、計画的なプッシュ配信が可能です。

即時配信

予約せず、すぐにプッシュを送れる機能です。緊急のお知らせをしたい時など、即時性を求められる状況でご活用頂けます。

「いますぐ通知したいことがある!」そんなときに、効果を発揮するのが即時配信です。具体的には、アプリで使用しているサーバがダウンしてしまった時や、タイムセール開始を一斉に配信したい時等にお使い頂けます。アプリユーザーに直接コミュニケーションが取れるプッシュ通知の特性を、最大限に活かせる機能の一つとなっています。

アクティブ度(期間)・OS・機種・キャリア・アプリバージョンでユーザーを絞り込んだプッシュ配信が可能です。

各種データはSDKを通して、 Appvisorサーバに登録・管理されます。アプリの毎起動時にデータが更新されるため、常に最新のユーザー状態を基にセグメント配信を行って頂けます。

起動数推移

直近2週間のアプリの起動数推移がご確認頂けます。プッシュがアプリ全体の起動数にどの程度影響したか、グラフィカルに把握頂くことが可能です。

弊社では「反応数=プッシュ通知からアプリを起動したユーザー数」をプッシュの直接効果と考えています。ただし、これだけでは「通知を目にして少し時間を置いてから、ホーム画面のアイコンから直接起動した」というようなユーザー数は把握できません。これを弊社ではプッシュの間接効果と考えています。

この間接効果を把握するために、アプリの起動数推移が力を発揮します。日別はもちろん時間帯別の起動数推移もご覧頂けるので、まさに「効果の見えるプッシュ」を体現する機能となっています。

アプリのユーザー一覧が属性情報と共にご確認頂けます。こちらからCSVをダウンロードして配信対象として設定できますので、手動で絞り込んだ特定ユーザーにプッシュを送ることが可能になります。

各ユーザーの属性情報が全て網羅されたユーザー一覧画面です。各ユーザーの基本セグメント情報(OS・機種・キャリア・アプリバージョン)はもちろん、初回起動日時や最終起動日時、累計の起動数もご確認頂けます。当画面でダウンロードできるCSVから配信対象を登録することも可能なので、お好みの条件で絞り込んだユーザーにピンポイントでプッシュ配信することも可能です。

配信したプッシュ通知から、何人のユーザーがアプリを起動したかご確認頂けます。アプリ毎に反応率の高い配信タイミング・メッセージを発見頂き、アクティブ率の向上にお役立てください。

配信結果の画面では、プッシュ配信の効果を計る上でKPIとなる「反応率」=「プッシュが配信されたユーザーのうち何名がアプリを起動したか」を各プッシュごとにご確認頂けます。特に「アプリのアクティブ率を高めたい」という目的でプッシュを行う場合、どのような条件のユーザーにどのようなメッセージをいつ送ると反応率が高いか検証頂くことで、プッシュの効果を飛躍的に高めて頂くことが可能です。