アプバイザー プッシュ

活用事例|Appvisor push(アップバイザープッシュ)

Home>活用事例

アップバイザープッシュの活用事例1:カジュアルゲームアプリの場合

課題:ユーザーのアクティブ率を効果的に上げたい
カジュアルゲームアプリ運用ご担当者様の場合

アクティブユーザー数が広告収益に直結するメディア型のアプリでは、日々のアクティブ率をいかに高められるかが肝なんです。

とりあえずプッシュ機能を実装してみたけれど、一斉配信しかできず効果もイマイチ・・・

矢印
解決策:条件別で細かくプッシュを送り分けて、起動数が2倍に!

任意セグメント」機能を使って、「男性/女性」別「お気に入り登録したカテゴリ」別にテキストを変えて配信。それぞれのユーザー層の好みに合った内容をプッシュ通知してあげることで、アクティブ率が格段に高まって収益もアップ!広告主様も大喜びでした。

また、プッシュからどのくらいのユーザーに起動されたかが「反応数」でわかるので、どのユーザーにどんなプッシュが効果的かという傾向も把握できてきました!

アップバイザープッシュの活用事例2:サービス系アプリの場合

課題:新機能キャンペーン用のページに誘導したい。
サービス系アプリ運用ご担当者様の場合

キャンペーンの告知を行うため、特設ページをアプリ内に用意しました。ただ、ユーザーが必ず見てくれる訳ではなく、キャンペーンの応募数も伸びず・・・

まずキャンペーンの存在を知ってもらいたいのですが、何かいい方法はないかな・・・

矢印
解決策:プッシュ通知から直接特定ページに飛ばせるように!

URLスキームを使って、プッシュから起動したユーザー全員の遷移先をキャンペーンページに指定。結果、ほとんどのユーザーにキャンペーン告知ができて、応募者数が一気に増えました!アプリ内の特定ページはもちろんwebページにも飛ばせるので、万が一サーバーに障害が起きたときのお知らせツールとしても使えそうです。

アップバイザープッシュの活用事例3:ニュースアプリの場合

課題:配信時刻になったら、すぐプッシュを届けたい!
ニュースアプリ運用ご担当者様の場合

ニュースアプリなので、臨時ニュースを掲載することもしばしばあります。
だから、1分1秒でも早く、ユーザーに情報を伝えたいんです。

それこそがニュースアプリの使命だと思っています。

矢印
解決策:高速配信プランで、ユーザーにすぐ配信!

通常プランでも1分1万〜5万通と高速な配信が可能だったのですが、もっとスピーディに配信したかったので高速配信プランを選びました。専用環境が用意され、更に高速な配信速度が出ています。ユーザー様にも「ニュース速報がすぐ来る」と評価頂いています。